女性用厄除け携帯ストラップ全6mm玉キラキラデザイン

厄払いとは

ある程度の年齢になるとお払いをする習慣が日本にはありますが、ではいつからこのような習慣が始まったのでしょうか。
厄年とうものは、すでに平安時代から始まっており、ある年齢になると神社などで厄除けのお払いを行ってもうらうのです。地方によってお払いの時期は様々ですが、特に重要な年齢というのは男性の場合は42歳、女性の場合は33歳と言われています。本当は、厄年の前後3年間が要注意とされている期間でもあります。
その期間に何事も起こらないようにと神社でお払いを行ってもらうことが、厄払いということになります。
お払いの時期としては、地方で変わりますが大体、年明けから節分の間に行われているところが多いようです。誕生日前の1ヶ月問ういうところもあるようです。いつしなくてはいけないといった決まりもないようです。ただ厄年になった年に何も起こらないようにとお払いをすることなのです。
子供にも厄年があるようですが、子供の場合は、初宮参りや七五三などでお参りをすることで厄払いになっているということです。
必ず厄払いをしなくてはいけないといったものではないのですが、やはり気持ちとしてお払いをしてもらうことで気分的に違うといことでしょう。

良い運気を呼びこむ盛塩をお守りとして毎日持ち運べる「八角盛塩ストラップ」です。身につけてお守りにしたり、ミニ盛塩を成型したりとお清めや浄化にも利用できます。

厄除け

虹の7色による厄除けブレスレット(両虹全8ミリ) 100050

厄払いのやり方

厄払いの方法としては、神社でお払いをしてもらうことが身近なお払い方法となりますが、人によっては、神社でのお払いをしない方もいらっしゃるようです。
お払いを専門とされる方に頼まれたり、厄除けとして身につけることで厄除けとされてる方もおられるようです。
特に本などで話題になっているパワーストーンなどを厄除けとしてつけられてる方がおられるようです。水晶などが持つパワーで厄払いをしてくれるといったことが効果的だということです。
よく女性の場合は33歳で出産したら厄払いになるなどといった説もあるようですが、厄年で何かが起こればそれが厄払いとなるのでしょう。昔は33歳といえば高齢出産といわれた時代です。そこで女性は33歳での厄払いとなっているのでしょう。
厄払いのやり方も自分自身が生きていく中での1つの区切りとして行えばいいのでしょう。絶対に神社で行わないといけないといったことはないようです。
厄払いをしたということで気持ちとしても違いますから、どこで厄払いを行ったとしても同じことだと思います。
人生の中の1つのけじめとして考えばいいと思います。

手間いらずでパッと美しい八角錐の盛塩がつくれます。風水で八方位全てから金運を引き寄せる八角形です。

厄除け

虹の7色による厄除けブレスレット(片虹全8ミリ) 100050

厄払い神社はどう選ぶ

厄払いをする神社は、普通は近くにある神社で行うののですが、人によっては有名な神社でのお払いを行う方もおられるようです。しかし、有名な神社はそれだけ混雑や予約などでいっぱいの場合が多いようです。お払いの時間はそれほど長い時間ではないようですが、待ち時間などが長くなってしまうことは覚悟しないといけないようです。
有名な神社で厄払いしなくても近くの神社で行えばいいのではと思うのですが、人によって違いはあります。
神社も日本中にはたくさんあります。どこの神社が厄払いで有名な神社なのかはわかりませんが、選ぶポイントもあるようです。
これは、普通のことですが、手入れが行き届いていてやはり大きい神社でしょう。雰囲気でわかる方もいるようですが、ちゃんとした神社ならきちんとお払いをやってもらえる思います。神社が汚いとお払いをやってもらう側も気分的に不快感がのこると思います。
また、宮司もきちんとされてる人がいいでしょう。これは当たり前のことですが、ちゃんとした身なりでお払いを行ってもらうと気分的にも違うと思います。
厄払いは神社だけとは限らないようです。近くにいい神社がないときは、お寺でも行ってもらうことが出来るようです。お払いをして心機一転の気持ちでスタートできればいいのです。

厄払いは自分でもできる

厄払いをどうしても神社やお寺などでやりたくないといいう人はおられると思います。簡単な方法ですがきちんとした厄払いではありませんから、効き目があるかどうかはわかりません。
何となく最近おかしいから厄を払いたいと思ったときに実行してみてはどうでしょう。
自分で出来る厄払いの方法はいくつかありますが、どの方法がいいかはわかりません。
まず1つ、水晶系のパワーストーンを身につけてみること。浄化したものでないといけないようです。それか、トルマリン。トルマリンはマイナスイオンを発しているのでいろんな邪気を撃退してくれるそうです。
2つめは、トルマリンと同じようにマイナスイオンを発しているという竹炭や木炭、備長炭などです。それを部屋の中に置いておくと厄払いに効果的といわれています。
次に、粗塩で体を清めること。何となく体の調子がおかしいと感じたときに体全体を粗塩でマッサージするのです。しかし、これは皮膚の弱い方はちょっとお勧めでないようです。
他にも、今いろんな香りがする御線香などがあります。お香などでたいて邪気などを外に出してしまう方法です。しかし、これは雨の日などは効果がないということです。
自分で出来る厄払いは厄年に行うものではなく、調子が悪いときなどに行うといいもののようです。

厄除け

厄除け携帯ストラップ全8mm玉シンプルデザイン

厄払いの前厄・本厄・後厄とは

厄払いでいう、前厄・本厄・後厄とありますが、なぜこのようなものがあるのか。
厄年は1年間というだけではないのです。一番重要なのは本厄ですが、厄年とは本厄のことをいうのです。厄年の前の年をを前厄、厄年の翌年を後厄といっていますが、前厄は厄年に何かが起こりますよといった前兆を起こす年のことで、後厄は、厄のおそれがなくなっていきますといった年になるもので、3年間は厄年が続くということになっているのです。一番注意すべき年は本厄ですので、その本厄だけを厄払いされることが多いようです。
男性と女性は厄年の年齢が違いますから、当然前厄、後厄の年齢も違います。
厄年は数えでするものですから男性の場合は、25歳・42歳・61歳が本厄となり、女性の場合は19歳・33歳・37歳が本厄となります。その前後の年が前厄、後厄となるのです。
女性の場合は30代のうちに2回も厄年あため6年間は厄年になってしまうということになります。女性は30代は特に注意が必要ということになるのです。
数え年でよく厄入りといっているのが41歳ですので前厄の年が厄入りになるのです。43歳で厄晴れというのが後厄ということになります。これは男性の場合です。

厄除け

厄除け携帯ストラップ全6mm玉シンプルデザイン