電話占いで相談をしてはいけないこと

 

〇電話占いではなんでも相談できるわけではない

 

恋愛や仕事、対人関係、自分の将来などはもちろんのこと、不倫や縁切りなど人にはちょっと言えないことでも相談できるのが電話占いの一番の魅力です。何でも相談できるように思えますが、実は断られてしまうこともあります。その一例を紹介します。

 

・年齢制限→未成年は相談できない所が多い中、一部の電話占いでは18歳以上なら相談できる所もあります。
未成年の電話の利用についてはこちらで詳しく書いています

 

・借金の返済に遅れたことがある人→鑑定料金が後払いの電話占いは過去に借金の返済に遅れたことがある人だと料金を払ってもらえない可能性があるため、鑑定を断られます。例えば電話を変えてみても声の特徴でバレてしまうこともあるようです。

 

・会話が上手くできない人→病気や障害で会話がうまくできない場合、対面占いの利用を促されることがあります。

 

・相談内容で断られるケース

「自分が今患っている病気は?自分の病気は治る?恨んでいる人はいつ亡くなる?」
「パチンコや競馬(ギャンブル)で当てられる?」
「入試に合格できる?」
「行方不明の家族や物はどこ?」

相談できない内容として

  • 生死に関わること
  • 病気の診断してもらうなど
  • 探し物
  • ギャンブル
  • 受験の合否

があります。

 

○わからない場合はサポートデスクに聞いてみよう

 

電話占いでほぼ確実に鑑定を断られるのは人の生死に関わることですが、もしかするとそれ以外のケースなら鑑定してもらえるかもしれません。せっかく人気の占い師さんに鑑定してもらえるのに内容によっては断られてしまい、理由をダラダラと聞いていても鑑定料金がかかるだけでムダです。

 

自分の悩みが相談できるか不安な場合、どこの電話占いでも分からないことを質問できる無料のサポートデスクがあります。

 

まずはそこに聞いてみて可能であれば鑑定に申し込むことをおすすめします。